Blog

ブログ更新情報


2014

運営担当業務インタビュー
今回のインタビューは、
関東リーグ開幕戦で本学が会場担当校となり
運営業務を担当した部員の業務の感想と今後の目標です。


吉田 滉一(3年・スポ)

運営担当校で、責任と重圧がかかる中
無事に運営が進められ良い経験になった。
学連の方々にサポートされながら受付を担当し
多くの人たちが来場し、大学リーグの注目度の高さを
感じることができました。
試合が行われるまでの準備が多くあり
学連の人たちのおかげで、リーグがスムーズに行われているという
感謝の気持ちが生まれました。

今後は、プレーヤーとして全力で練習を行い
試合などに行った際には、裏方の人に感謝の気持ちを忘れずに
自分のやるべきことを精一杯やりたいの思います。






山下 直人(3年・法)

開幕戦ということもあり、若干ばたばたしたところもありましたが、
無事に終えることができてよかったです。
学連の方が手際よく、自分はその指示に従って業務をこなすだけでした。
初めてマッチコーディネーションミーティングなどを行い
学連の方はいつもこんなに大変な事をやっているのかと肌で感じました。

今後は、自分の成長のために
日々の練習に意欲的に取り組んで行きたいと思います。






磯部 亮太(3年・スポ)

大変でした。
開幕戦だったので学連の方も忙しく緊張感が伝わってきました。
さらには、雷による中断によって、
普段は起こらない事態に対応することが難しかったです。
運営に入ったことによって、リーグ戦を行うには、
たくさんの支えが必要なのだと身をもって感じました。
これから、サッカーをやる人、見る人、支える人が
お互いをリスペクトしあえるような環境になっていくと良いなと思いました。
今後は、サッカーのレベルアップはもちろん、
更なる人間的成長のために、サッカー、大学生活、その他の私生活
全てに情熱を注ぎたいです。




コメント
名前

内容